今日は、いつも行っている火事や地震時の避難訓練とは違う避難訓練を行いました。

「もし、こひつじに何にも用が無い人が来て、子どもたちや先生たちに危害を加えそうな人が来たら…」

という想定で行う「不審者への対応」の避難訓練です。

こんなことが絶対に無いことを祈りながらですが、もしもの時の場合を考え、職員みんなでそれぞれの役割を決め、確認しながら、子どもたちの安全を守るように努力しています。

突然の出来事に子どもたちもビックリしたと思いますが、避難訓練後、ホールでの振り返りの時間は子どもたちも真剣にお話を聞くことができました。

また、外にいるときに、もし知らない人に「一緒に遊びに行こう」「○○まで行きたいけど、道が分からないから車に一緒に乗って」などの声をかけられたり、怖いなと感じたりしたときの約束も確認しました。