現園舎での生活も残りわずかとなり、寂しさを感じています。

子どもたちが普段通りの生活を送ることができるように、職員全員で十分配慮しながら保育を行っています。また、保育と同時進行で部屋などの片付けも行っていますので、怪我や事故の無いように細心の注意も払っています。けれど、もしかしたら気持ちの面で不安定になったり落ち着かなくなったりすることがあるかもしれません。子どもたちの気持ちにしっかりも寄り添い、受け止めながら、丁寧にかかわっていくよう努力していきます。

夕方の預かり保育の中で、現園庭にあるフウセンカズラの種を収穫しました。仮園舎の園庭に蒔く予定です♪