認定こども園こひつじ キリスト教保育を行なっております。

当園の取り組み

  • HOME »
  • 当園の取り組み

当園の取組み

リズム遊び

当園が取り入れている「斎藤公子のリズムあそび」は、生まれてから大きくなるまでに必要な発達過程にのっとり、音楽に合わせていろいろな動物に模して走ったり、止まったり、跳んだり、転んだり、這ったり、舞ったりすることで子どもの体の骨や筋肉、関節、感覚神経、運動神経の発達を促します。その子どもたちの様子を見ながら「突き出た脳髄」といわれる手足の指の開きや動きをみて援助していきます。

<どうしてリズム遊びをするの?>

昔のように自然の中で体をいっぱい使って遊んでいた頃には必要を感じませんでしたが、今、便利な世の中になり、大人の生活も子供の生活も変わったことで、子供の発育に良い影響を与えていないことがわかります。そこで、意欲や探究心が弱かったり、生まれた時に遅れがあったても子どもたちが自分の力で克服することができるように発育をたすけ引き出すために。

また、生育歴の中で、とびこえてきた動きを楽しく遊びながら真似してくり返して身につけて弱いところを強めていくこと。

裸足保育

足は第2の心臓と言われるくらい大事なところです。その足を幼い頃から靴やズックに縛られてしまうと、大切な体のコントロールや足の指で体の動きにブレーキをかけることがうまくできなかったり、土踏まずができないままに大人になってしまったりしてしまうことが多いと言われています。足の親指の蹴りを大切にするため、床や土に直接足指を触れさせることが必要です。室内・室外は、裸足で過ごしています。園の床は弾力がある檜をつかっています。乳幼児の柔らかい脳には、弾力のある床がふさわしく、特に素足にするなら“檜がいいよ”とい大工さんのアドバイスも聞きながら、園内の床は全面檜にしました。
土踏まずが形成されていないうちは、高い所からのジャンプをさせないでいます。衝撃がひざを痛めてしまうおそれがあるからです。実は、床暖も子どもの発達には良くないとも言われています。足裏からの刺激は自然の木の柔らかさ、温かさが好ましいそうです。
そういうことも考慮し、素足であしの裏をたくさんつかって遊んでいます。
「斎藤公子のリズム遊びより抜粋」

当園では絵をたくさん描きます。極端な言い方をすると遊ぶたびに子どもたちはとてもおおきな紙に描いてます。それも線画にこだわっています。子どもが感じたことや感動したことを脳から手の末端に伝え、表現します。その描いた絵を観て私たち保育者は、この子どもにどんな遊びが足りないのか、指示が多い生活をすごしているのではないかを確かめ、遊びもその絵によってあえて設定することもあります。また絵を描くことと色遊びが入れ替わることが無いように配慮します。描くペンも子どもの手の握りにあったものを選び使っています。まだまだ保育者の私たちも子どもの発達においては勉強中ですが、「今」を大切にして、見栄えが良いとか色を使いたいから・・・ということでは、絵に対しては色を使いません。“できればからだ全体が発達して目の機能ができるのをまってからのほうがいい”と言った「さくらんぼ保育」をした斎藤公子氏がおっしゃった言葉が私も保育をしていてかんじるところです。描きたい状況をどのようにつっくていくのかも大きな課題です。

 

園へのお問い合わせはこちらから TEL 0182-42-3881

これまでの記事

以前の日記はこちらから

PAGETOP